日本製袋株式会社

包装の業界をリードし続けてきた誇りを胸に、多様化・国際化する社会とともに歩む。わたしたちは包装のコンサルタントです。

トップ > 環境方針

環境方針

日本製紙グループ環境憲章

理念

私たちは、生物多様性(※)に配慮した企業活動を基本とし、長期的な視野に立って、地球規模での環境保全に取り組み、循環型社会の形成に貢献します。

基本方針
  1. 地球温暖化対策を推進します。
  2. 森林資源の保護育成を推進します。
  3. 資源の循環利用を推進します。
  4. 環境法令の順守はもとより、さらなる環境負荷の低減に努めます。
  5. 環境に配慮した技術・製品の開発を目指します。
  6. 積極的な環境コミュニケーションを図ります。

※「生物多様性」とは、一般的に、同じ種内でも遺伝子に差がある「種内の多様性」、様々な生物種が存在する「種間の多様性」、および多様な自然環境に応じた「生態系の多様性」の3つの多様性を指します。

制定2001年3月30日
改訂2007年3月30日

日本製袋環境方針

基本方針

日本製袋株式会社は、包装資材メーカーとして顧客に信頼される企業活動と地球環境の調和を基本に考え、地球環境に配慮した環境マネジメント活動を推進します。

  1. 当社の事業活動において発生する不良品及び廃棄物の減量化や省エネルギー及びリサイクルの推進等により地域環境の汚染の予防に努めます。
  2. 当社は、地球環境の保全に貢献するため、技術的、経済的に可能な範囲で環境適合型の製品開発に積極的に取り組みます。
  3. 環境関連法規制及び当社が同意した協定等を順守します。
  4. 環境に与える影響を考慮し、環境目的・目標を定め、定期的に見直し、環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
  5. この環境方針は全従業員及び構内に常駐する協力会社員に周知徹底するとともに、環境意識の向上を図るため環境教育・啓発活動を推進します。

2015年6月18日
日本製袋株式会社
代表取締役社長
岩﨑 伸郎

日本製袋環境マネジメントシステム推進体制

  1. 環境管理責任者の任命

    社長は、環境マネジメントを運用する責任者として、環境管理責任者を任命します。

  2. 環境管理委員会の設置

    (1)環境管理責任者は、環境管理委員会を組織します。

    (2)環境管理委員会は、環境行動計画の進捗状況のフォロー、結果の評価など、環境マネジメント全般の審議を行います。

  3. 環境マネジメントの推進

    (1) 環境管理委員会は、日本製袋全体の環境マネジメントを推進します。

    (2) 各部門は、ISO14001認証登録で構築した環境マネジメントシステムの一層の充実を図ります。

  4. 内部監査

    環境管理責任者は、内部監査チームを組織し、年1回の内部監査を実施します。その結果は、環境管理責任者を通じて社長に報告します。

ISO

ISO14001:2004 認証登録

日本製袋株式会社 登録番号 JE0686B   登録日 2006年3月15日

ISO9001:2008 認証登録

埼玉工場 登録番号 JP09/061346   登録日 2001年4月20日
北海道事業所 登録番号 JP08/060964   登録日 2005年8月26日
前橋工場 登録番号 JP08/061045   登録日 2008年9月19日
関西事業所 登録番号 JP16/062860   登録日 2016年12月1日

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) 2003 Nippon Seitai Corporation. ALL RIGHTS RESERVED.